DMM英会話の利用法と学習効果

DMM英会話を習ってビジネスの現場で英語でディスカッションできるようになった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DMM英会話を習ってビジネスの現場で英語でディスカッションできるようになった!

英語を学ぶ目的は色々あると思いますが、私はビジネスで英語を使う必要があり、英語を使って折衝をしたいという思いがあったからです。DMM英会話を習うまでは通学式の英会話教室に通ったこともありましたが、英語力は中学生レベルから抜け出すことができませんでした。

DMM英会話は24時間レッスンが可能で、体験レッスンを受けた時に講師のレベルも高いと感じたので、今度こそ英語を喋れるようになりたいと思って会員登録しました。DMM英会話での勉強は今までの英語学習とは違い心から楽しいと思うことができ、継続して毎朝の英語レッスンを続けられた結果、今では英語で議論ができる程度になりました。

数年前の私からは考えられないような進歩なので、DMM英会話を習うか迷っている人は是非一度体験レッスンを受けてみてください。

DMM英会話のレッスンで英語を話すことが恥ずかしくなくなった

日本人は英語の能力自体は決して低くないですが、会話をする能力が苦手とよく言われています。それは日本人の性格が起因するのか、間違ってもいいから話すという気持ちが少なく、完璧に間違いのない英語を話したいと思う気持ちが強いためだと思います。

私も同じくDMM英会話を習い始めた時は講師と話すときは抵抗がないのですが、他の人に英語を使うときは自分の英語が間違っていないかを気にしていました。そのことを講師にも相談したこともありますが、講師が言うには英語はあくまで相手に思いを伝えるための道具なので、多少間違っていてもたくさん話して理解してもらうようにした方が良いと言われました。そう言われてからは、間違っていてもいいから積極的に話しかけるようになりました。その結果、今までは間違っていたらどうしようというネガティブな感情が強かったですが、たくさん話すことで相手との理解が深まりより良い関係を築くことができたのです。

DMM英会話では常にマンツーマンレッスンで実際に使う場面のロールプレイを行いますので、自分の話している言葉が正しいかどうか講師が判断してくれます。間違っているところはその場で指摘してくれるので、レッスンが終わる頃には修正されて会話ができるようになっています。私はビジネス英会話のカリキュラムを重点的に受講していましたが、実際に習ったフレーズがビジネスのシーンでも使えることが多く助かりました。

英語に対する苦手意識がなくなったのは、毎日少しずつですが努力してレッスンを続けているという自信と、講師が誉めて伸ばしてくれるタイプの人が多いので、自分の英語でも結構大丈夫だということが分かったからです。仕事の中でも間違っていても英語を使うようにすることで、周りの人からは英語が得意な人間という風にみられることが増え、英語関連の仕事や、海外のプロジェクトに多く関わることができました。

DMM英会話の英語は実践的な英語

学校で習った英語に対してやる気が出なかったのは、こんな言葉を覚えても使う場面が無いという思いが強かったからです。正直言うと学生時代は英語が話せなくても良いと思っていましたし、社会人になっても英語を使う場面は少なかったです。

私は仕事のプロジェクトで海外顧客との折衝が多くなったのですが、そのプロジェクトに入った当初は、英語が全くできませんでした。今まで学校で習ったような英語を使っている人はほとんどおらず、話しを聞いていても全く聞き取れない状況が続いたので、さすがにこれではまずいと思い、DMM英会話をはじめました。

DMM英会話の良いところは、話す機会が多い所です。英語の苦手意識があるうちはどうしても自分から話すことができませんでしたが、講師がリードしてくれるので、臆することなく話すことができました。話すことで理解が深まり、今まではすぐに忘れていたような言葉もしっかりと覚えられるようになりました。

またDMM英会話ではビジネスシーンに合わせた英語レッスンがあるので、実践的な英語が身に付きました。講師にお願いして、今自分の仕事で取り扱っている商品の英語や、外国で行うプレゼンの練習をレッスンで行うこともありました。そのような練習できる環境があったので、本番でも堂々と英語でプレゼンができました。

DMM英会話にはネイティブ講師のレッスンを受けることができるプラスネイティブプランというものがあり、ある程度英語が上達してきたと感じたら受講してみることをおすすめしたいです。私も最初は通常のスタンダードプランでフィリピン人講師の方に教えてもらっていましたが、途中からプラスネイティブプランも並行して利用し、よりネイティブに響きやすい表現や、言い回しを教えてもらいました。ネイティブ講師の方は英語教育の専門でありながら、ビジネス経験がある人も多く、実際のビジネスシーンで使える英語を教えてくれました。この英語がとても役に立ち、海外に行って交渉をしたときにも外国人のお客さんから日本人特有の変な言い回りやイントネーションがなく、とてもきれいな英語だと褒められたのがうれしかったです。

DMM英会話を習ってビジネスでも英語でディスカッションができるように

DMM英会話を習ってから、英語を話すことが楽しくなり、気軽に外国人と話しをすることができるようになりました。仕事でも英語関係の仕事が増えて、会社の中で英語が上手な人材として重宝されている実感もあり、また人事考課でも良い点数がつくようになりました。

海外に行くと日本人は気を使って自分の英語に自信がなくなることがあるようですが、私はむしろ英語を披露するチャンスと思い、積極的に英語でコミュニケーションを取るようにしていました。そうすると現地のスタッフやお客さんから気に入られるようになり、仕事以外でも遊びに誘ってもらえたり、ホームパーティーに呼ばれたりするようになりました。そういう人間関係ができると仕事にも良い影響がでて、契約がとれたり、会議が円滑に進んだりしました。

毎日続けたDMM英会話のおかげで、数年前までは夢にも思っていなかったような英語を使った仕事や、英語でのプレゼン、英語での折衝などができるようになっています。今は英語を使ってマネージメントの方法や、より大きな仕事に取り組めるように更にブラッシュアップをしていきたいと思っています。

DMM英会話を習って学んだことは、英語の文法や単語だけでなく、英語が楽しいものだということ、また外国人との付き合い方等語学以上のものがありました。

まとめ

DMM英会話を習うことで、今では英語で外国人と議論したり、プレゼンをしたりすることができるようになりました。私は正直それほど積極的な性格ではなかったのですが、DMM英会話の講師の方と話しているうちに性格も前向きになったと実感しています。

特に英語については、恥ずかしがらずに話してみようという姿勢がとても大事で、相手に遠慮していては何も解決しないという事が分かったからです。

海外に行って感じたのは、自分の意見をしっかりと伝える重要性です。外国では自分の意見が言えない人を評価しませんので、日本的な感覚で周りに合わせるというよりも、自分の意見をしっかりと述べる必要性があると感じました。その練習としてDMM英会話は最適ですし、何回も練習を繰り返すことで英語を話すことに自信がもてるようになりました。

今後もDMM英会話を続けて、自分の意見をより豊かに表現できるようにしていきたいです。