DMM英会話の利用法と学習効果

DMM英会話の無料教材「デイリーニュース」はその日のビジネスに使える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DMM英会話のデイリーニュースはその日のビジネスに使える!

英会話ができることと、英語を使ってビジネスで活躍することは別だということが分かっていない人が多いような気がします。私自身も英語を何年も勉強してきていますが、英語を使って自分の意見が言えなかったり、相手の話の要点をきちんと掴んでいないと、英語でビジネスができているとは言えないです。

DMM英会話ではデイリーニュースを独自に編集した教材をアップしてくれているので、これらを利用することで、最新のニュースをテーマに会話ができます。最近世間で話題になっているニュースばかりなので、実際に取引先の人とも盛り上がるテーマになっていますし、そういう話ができると分かると相手も胸襟を開いて話をしてくれるというメリットがあります。

ニュースの内容は多岐に及び、政治的なものから、面白い内容のものまで幅広く揃っています。特に難しいと思う内容があれば、そのテーマは選ばずに、自分が興味を持てるテーマを選んでその内容について深く理解を出来るようになった方が身に付くでしょう。

DMM英会話のデイリーニュースはビジネスで即効性がある

私がDMM英会話を始めたのはその値段の安さと、24時間レッスンが可能な便利性、また実際に体験レッスンを受けてみて講師の質が高いと感じたので選びました。実際にレッスンを進めてみると、入会までは気付かなかった点で魅力的に感じるサービスもたくさんありました。

一つが「iKnow!」というDMM英会話が提供しているアプリです。このアプリをスマホに入れておけば、移動中や少しの空き時間に勉強することができます。とても使いやすく、正解率を自動で判定してくれるので、覚えていない単語を中心に勉強することができます。

DMM英会話では提携している学習アプリ『iKnow!』を無料利用できる

もう一つがオリジナル教材「デイリーニュース」です。DMM英会話のデイリーニュースは簡単にいうと、話題のニュースをDMM英会話が独自に編集してくれてあり、記事の内容と、新出単語、その記事についての質問、そしてその記事を読んでの議論、となっています。

記事はその時欧米諸国で話題となっているニュースが多く、政治的な難しい内容のものから、街で起きた面白いニュースまで、いろんなものがあり、自分の気分に合わせて読めるのが良いです。

私はビジネスで外国人と話すことが多いので、仕事の話しは大分できるという自信があったのですが、それ以外の話題ができないというのがコンプレックスでした。そんな私にとって、DMM英会話のデイリーニュースはまさに最適の教材で、自分も新しい知識を得ることができ、また英語でその話題を話せるという一石二鳥の効果がありました。

学生時代に教科書でニュースの記事を勉強した時は、古い内容で、興味がもてないようなテーマでしたが、DMM英会話のデイリーニュースは最新のトレンドを踏まえた記事なので、すぐに使えるネタが満載です。

DMM英会話のデイリーニュースを使ってレッスンを受けてみた

私は毎朝25分のレッスンを受けているのですが、週に2回程度はこのデイリーニュースを使ったレッスンをしてもらっています。

記事は自分が興味を持ったものを選び、レッスンの前に軽く記事に目を通しておきます。英字新聞を読めればいいのですが、そこまでの英語力も無いですし、英字新聞は分量が多すぎて結局途中で断念してしまうので、DMM英会話のデイリーニュース程度の分量が最適です。

レッスンをはじめたら、最初は新出単語を覚えます。これを繰り返すことでボキャブラリーが飛躍的に増えていくことが分かりました。最初のうちは分からない単語が多く、その意味を調べるだけでも時間がかかっていましたが、今はほとんどの単語の意味は分かるようになりました。

実際のニュース記事から引用されているので、新しい言葉や、現地でよく使う言い回しなどが勉強できるのも良い点です。ニュース記事なので文法は分かりやすく、内容も完結にまとめられているので、読んでいてもストレスがなく、正しい文法や、表現を学ぶには最適の教材となっています。

レッスン中は記事の内容について講師から質問もされます。その質問に答えていくことで自分の記事の読解力がどの程度か理解できます。この質問はTOEIC等の文章読解のテストと似ており、このレッスンを受けることで、TOEIC等の対策にもなることが分かりました。

質問とその回答が終わると、最後に議論の時間になります。日本人が一番苦手としている部分であり、欧米各国で仕事をするにあたりとても重要な点ですので、是非この教材を使って弱点克服をしてほしいです。自分の意見を言うので、当然正解は一つではありませんし、自由な表現で構いません。このレッスンを繰り返すことで、自分の思っていることを正しく伝える能力が鍛えられます。更にテーマが今のニュースなので、レッスンで練習したことを、すぐ仕事で使うことができます。

DMM英会話のデイリーニュースが役立つ場面

欧米人と接する機会が増えるにあたり、彼らの仕事とライフスタイルに対する理解も深まってきていますが、仕事の話しだけが英語でできるようになっても、本当の意味で交流ができたとは言わないと分かりました。

私の場合、仕事での話しはもちろんですが、普段の雑談がきちんとできる方が大事なのではと思う程です。

その際、テスト用の勉強ばかりしていたのでは、会話のテーマがなく、話が広がりません。普段から英語のニュースや、英語圏への関心を高くもっておくことで、初めて彼らと話をするテーマがみつかるのです。

英語のテレビニュースや英字新聞はとても役立つ英語教材ですが、英語レベルが上級者向けです。初中級者にとっては難しい内容が多く、分量も多いので、中々集中力が続かないというのが実情でしょう。

DMM英会話のデイリーニュースは1つのトピックに絞って書かれてありますし、分量も5分~10分程度で読める内容になっています。またレッスンの校正も、新出単語、記事読解、質問、議論と進めるうちに自然と理解も深まるような作りになっています。最初のうちは25分で議論まで終わることができない事が多かったですが、慣れてくると、ちょうど25分で1つのテーマについての内容が終わるようになっています。

まとめ

DMM英会話のデイリーニュースは初中級者にとって、英語の理解を深めるのにちょうど良い教材となっています。英字新聞では長すぎると感じる人にとって、5分~10分程度で読めるテーマは集中力も持続できますし、内容についての丁寧な解説もあるので、ニュースを学びながら英語も上達します。

レッスンは新出単語から、その記事についての議論まで幅広い内容になっており、慣れてくると、1回のレッスンで最後まで終わるようになっていきます。レッスンを終えた後は、仕事ですぐに使えるようなものが多く、英語で交流する必要がある人や、仕事先での会話のネタとして準備できるのでおすすめです。

また自分に合ったテーマを選んで勉強することができるので、興味のある記事をしっかり自分の知識として会得できるのが良い点です。