DMM英会話の利用法と学習効果

DMM英会話で英会話を習得して外国人の友達を作ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DMM英会話で英会話を習得して外国人の友達を作ろう!

英会話ができるようになったら、いつかは外国の友達ができたらいいなとは思っていましたが、実際に海外に友達がたくさんできました。

私はDMM英会話で英語を勉強していますが、言語を学ぶ目的はコミュニケーションができるようになりたいというものです。海外の文化や異文化交流に興味があり、自分の成長のためにも英語を使って友達を増やしたいと思っていました。

英語ができるようになると、性格も変わるというのが実感としてあります。特に積極的に交流を楽しめるようになるので、英語ができるようになってからは、日本人の友達も増えていったので、自分の性格を変えるチャンスでもあると感じています。

英語が話せると性格が変わる

DMM英会話を始めたのが社会人になってからですが、それまでの性格と英会話を学習してからの性格は少し変化がありました。

私は今、英語がある程度話せるようになりましたが、それまでは全く話すことができませんでした。もちろん他の言葉も話すことができなかったので、当然交流するのは日本人だけでした。日本で生活しているとそのことに特別不都合や不満は感じなかったのですが、友達等が英語と外国人と交流しているのを見るとうらやましいなぁと思うことがありました。

それもきっかけとなりDMM英会話で勉強を始めたのですが、それまではどちらかというとおとなしい性格でした。今になって思うのは、日本人の協調性や周りの空気を読む性格は他の国の人では理解しにくいことが多く、日本人独特のものだと思います。私も英会話を始めるまでは、周りの空気を壊さないことを重視していたのでそれも英語が上達しなかった要因の一つになっていたと思います。

DMM英会話で勉強するにつれ、自分の考えが少しずつ変わっていきました。やはり英語圏の人は自己主張が強く、自分の意見をしっかりと述べることが何よりも優先されます。逆に協調性や、周りの空気を読むことはそれほど重要でなく、日本的な価値観では世界の人と友達になれないというのが実感としてありました。

それからは、英語で話す時はもちろんですが、日本語でも自分の考えをしっかりと述べることを意識して話しました。そうなると自分の性格まで変化していったのです。自分の意見がしっかりと述べることができるようになると、他人がどう思っているとか、周りに必要以上に合わせることはしなくなりました。

感情表現も豊かになったとよく言われます。英語が上手じゃないときは、その分を補うためにボディーランゲージやジェスチャーで喜怒哀楽を表現しないと相手に伝わらないので、アクションも大きくなりました。欧米人は感情表現が豊かで自分もそんな性格に憧れがあったので、英語を学ぶにつれ自然とそういう性格に近づいていったと思います。

初めてバーで友達ができた時のこと

英語が話せる友達が良くインターナショナルバーに行って新しい友達を作ってきたという話を聞いたりすると、自分にはとても無理だと思っていましたが、英語を学ぶにつれて、自分も英語を使ってコミュニケ―ションをとりたいと思うようになりました。

そしてDMM英会話で半年程学習した後、英語の上手な友人に連れてもらいインターナショナルバーへ初めて行きました。正直実際に対面で外国人と話す機会は少なかったので、期待と不安が入り混じった気分だったのを覚えています。

バーの中は当然外国人がたくさんで、皆リラックスしてお酒を楽しんでいるようでした。私も席に座り、お酒を飲んでいたのですが、すると隣りの欧米人男性が話しかけてきました。そのとき私は拙い英語で彼と会話をしたのですが、DMM英会話で勉強していたおかげで、会話を途切れさせることなく、10分以上も楽しくコミュニケーションがとれました。

私は自分がバーで外国人とコミュニケーションができているという事実に驚き、とても楽しくなりました。英語を話せて良かったと心から思いましたし、もっといろんな人と話してみたいと思うようになったのです。日本語では当たり前なコミュニケーションが、英語になると、とても意味のあるものになり、相手の話しが理解できる、自分の話しが通じるという喜びは大きかったです。

実際に外国人と話してみると価値観の違いや、文化の違い等を感じることは多かったですが、それは自分にとって見識を広げる意味でもとても良かったです。日本にいると日本人の考えだけになってしまいますが、他の国の人の意見を聞いたりすることで、自分の考えが深くなることが分かりました。

私はその後も週末にはバーに行くようになり、そこで出会った外国人と連絡先を交換したり、その後ホームパーティーに呼ばれたりする関係になる人が何人もできました。日本に滞在している外国人は、日本に対する印象もほとんどが良いもので、とてもフレンドリーに接してくれたので、私も緊張することなく会話を楽しむことができました。

DMM英会話のレッスンがより楽しく思えるようになった

バーで外国人と交流をするようになってから、DMM英会話での勉強に対する熱意も今まで以上になったのは間違いありません。実際に外国人と話せた経験は自分にとってとても大きく、またやはりまだ語彙や発音の面で伝わりにくいところも感じたので、更に英語を頑張ろうという気持ちが強くなりました。

実際に英語を話す体験をすると、自分の英語にもある程度自信が持てるようになりました。今までは自分の英語に対するコンプレックスがありましたが、今は、間違っていてもいいからとりあえず積極的に話かけてみよう。いろんな会話をしてみよう。と思えるようになりました。

DMM英会話ではフィリピン人講師の他にもネイティブ講師も在籍しているので、時にはネイティブ講師のレッスンを受けていたのですが、それが実際の外国人との交流時に役立ったと感じました。

英語と言ってもアメリカ人の英語と、イギリス人の英語、オーストラリア人の英語は皆違います。そんな時、1人の講師から英語を学んでいると、他の国の人が話す英語が聞き取れないという問題がありますが、DMM英会話では自由に講師を選ぶことができるので、耳が自然と様々な英語に対応できるようになっていました。

DMM英会話のレッスンは会話がメインなので、グループレッスンなどでは身に付きにくい会話力が磨かれるので、とても実践的です。普段からレッスンで講師と話しているという自信が、いざ外国人と会話をするときにも役立ったと思っています。

まとめ

英語が楽しくなることは、実際に自分の英語が通じた、聞き取れたという喜びが大きいです。これからDMM英会話で勉強を始める人や、今勉強中の人にオススメなので、是非ある程度英語を勉強したら、実際にバーや、街の外国人に話しかけて会話をする機会を作ってみて欲しいです。

コミュニケーションができるようになると、自分の英語に自信がつきますし、性格も前向きで明るくなれるでしょう。私もバーで実際に友達ができて、連絡先を交換し、メッセージのやりとりや、ホームパーティーに呼ばれて食事をするような関係の人ができたのは、DMM英会話である程度英語の基礎を作っておいたからだと思います。

外国人の友達ができると、世界中に旅行に行ってみたい気分になります。実際にその後海外旅行に行って、日本で知り合った友達の家に遊びに行くようなこともできましたので、まさにDMM英会話で勉強をして良かったなぁと思えるような瞬間でした。