DMM英会話の利用法と学習効果

DMM英会話を受講している会社員である私の1日のスケジュール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DMM英会話を受講している会社員である私の1日のスケジュール

私はDMM英会話を受講し始めてから英語力が伸びており、TOEICスコアも受講半年で200点増えました。また仕事で英語を使う機会も多いのですが、実践的な練習が多いDMM英会話のおかげで外国人との交渉や会話も問題なくこなせるレベルになれました。

そんな私のDMM英会話の受講を含めた1日のスケジュールをお伝えできればと思います。

私は30代の会社員ですが、元々英語が得意というわけではなく、むしろ学生時代はずっと苦手意識がありました。社会人になっても特に英語を使う必要性を感じることなく過ごしていたのですが、仕事で海外プロジェクトの担当となってからは外国人との連絡ややり取りが増え、その時に英語の必要性を実感したので、30を超えてからDMM英会話を習い始めました。

正直オンライン英会話を長く続けられる自信も無かったのですが、講師の方がほめてくれたり、TOEICという目標を自分で作ったりして楽しく英会話を学ぶことができています。

DMM英会話のレッスンを朝のライフスタイルに組み込む

英会話を学ぶ時に一番ネックとなる問題のひとつに時間の確保があると思います。私も普段は会社員ですので、残業や急な出張等も多く、帰宅の時間も不定期になっていました。過去には通学式の英会話学校にも通っていたこともあるのですが、やはり時間が合わずに参加できなくなることが多く、次第に足が遠のいていきました。そんな私が再度英語を学ぶために選んだのがオンライン英会話です。

DMM英会話を始める前は、朝の通勤もギリギリまで寝ていて、慌てて準備をして出社するという形でしたが、DMM英会話を始めた後は基本的に早朝レッスンを受けることにしました。なぜ朝のレッスンにしたかというと、会社員の私にとって夜の帰宅は不規則で、同僚と酒を飲んだりすることもあったので、その生活スタイルを崩さずに英語の勉強がしたかったというのが一番の要因です。実際に朝のレッスンを始めると、当然今までよりも早く起きる必要があるのですが、レッスンがあると思うと二度寝することもなく、ちゃんと起きることができました。また、ビデオレッスンなので、寝ぐせのだらしない姿を講師に見られたくないという思いから、身支度もして、準備万端で朝のレッスンを迎えることができるようになりました。

そうなると朝の時間がゆっくりと使うことができ、今まではろくに朝食も作っていませんでしたが、今では朝食をとってから会社へ向かうというライフスタイルに変わりました。

朝のレッスンを受けてみて良かったと思うのは、午前中の仕事が捗ることです。これは自分でも思ってもいなかった効果なのですが、朝レッスンで脳を働かせると、いつもは出社した後も中々仕事が捗らなかった私も、出社後すぐに仕事ができるようになりました。英会話をすることで一日の活力が出てくるような感覚を味わうことができ、講師の方から今日も一日頑張ってと言われると、自然と仕事にもやる気が出てきました。

スキマ時間の活用!空き時間にレッスンの予習復習ができる

朝レッスンを終えると、準備をして仕事に向かうのですが、通勤中もレッスンの復習の最適な時間であると気づきました。特にさっきまで教えてもらったことを復習することができるので英語の定着もよく、今までは勉強しても忘れてしまっていたようなことも覚えることができました。

移動中の学習にはDMM英会話のアプリであるiKnow!を利用しています。iKnow!は本来であれば有料で提供しているような英語学習のアプリなのですが、DMM会員は無料で利用することができます。実際に使ってみると英単語や慣用句など覚えておきたいと思う語彙や例文がたくさんのっていてとても役立ちました。アプリなので携帯から見ることができますので、電車での移動中や、少しの待ち時間などでも利用できるのが良かったです。

DMM英会話はメールアドレスだけで手軽に無料体験レッスンを試せる

iKnow!で覚えた単語を次のレッスンで使うという目標で覚えていたので、覚えた単語をすぐに使う場所があるのもDMM英会話で英語が上達する理由だと思います。

また基本的には朝自宅のパソコンを使ってレッスンを受けているのですが、出張中などは出先のホテルからレッスンを受講していました。通信環境が大丈夫か心配でしたが、全く問題なくレッスンが出来ましたので、出張中でもレッスンができるということで毎日休みなく生活の一部として英会話学習を組み込むことが可能になりました

DMM英会話を始めてからの1日のスケジュール

私の1日のスケジュールは、朝DMM英会話を受講することから始まります。朝のレッスンを受けるためにその15分前には起きて、身支度を整えます。今までの生活ではそんな余裕はなかったのですが、レッスンがあると思うときちんと起きることができるので朝のレッスンはおすすめです。

朝のレッスンを終えると、朝食を食べて会社へ向かいます。会社までは電車で30分程度なのですが、その間もiKnow!を使ってさっきまで練習した内容や、新しい単語などを覚えます。iKnow!は何度も繰り返し利用することでその内容がどれだけ理解できたかの判定をしてくれますので、繰り返し利用するだけで自然と語彙や文法力がついていきます。

仕事は外回りなので、仕事と仕事の空き時間や、お昼休憩の間にも英語を勉強することもありました。特にTOEIC前の時は少しでも時間が空けばiKnow!を開いて勉強していました。細かな空き時間でも1日で考えると多くの時間が確保できます。私はDMM英会話の勉強の為に机に向かって勉強するという時間は朝だけにしていますが、それでも十分に効果がでているので、時間を上手に使うことで、会社員でも忙しい主婦の人でも英語力を伸ばすことは可能だと思います。

夜は帰宅時間が不規則ですし、疲れて帰ってくることが多いので、英語の勉強はしません。1日の中で英語を勉強する時間は朝の25分と往復の通勤1時間、その他空き時間で30分~1時間程度でしょうか。この程度の英語学習が私にとってはちょうどよく、生活にも負担がかからないので長く続けられているのだと思います。

どうしても英語学習というと身構えてしまう事が多いので、気楽に自分のライフスタイルに合わせて計画をすることをおすすめしたいです。DMM英会話なら24時間レッスンが可能なので、朝型の人も夜型の人も問題なく受講できますし、iKnow!を利用することで効率よく空き時間に勉強することができます。

まとめ

私の今の英語学習スケジュールは全く無理をせずに英語力が伸びていっているので自分でも驚いています。今までは高い費用を払って何とか英語を覚えるんだという気持ちだけが先行していましたが、DMM英会話にしてからは、気軽に、空いた時間に、少しずつ勉強ができています。費用が安いこともDMM英会話を始めやすい要因になっていますし、講師の方がしっかりとサポートしてくれるので、楽しくレッスンを受けています。

会社員の人は仕事で忙しく夜も遅いので、英語なんて勉強する時間がないというかもしれませんが、空いた時間を上手に利用するだけでDMM英会話ならレッスンが可能ですし、出張中でもスマホからの授業も可能なので、忙しい人にこそ挑戦してもらいたいです。

私自身も仕事で英語を使う必要が出てからレッスンを始めたので、年齢は関係ないと思います。DMM英会話であれば最初の無料体験レッスンが2回ありますので、オンライン英会話自体に不安がある人は無料体験レッスンから受講されることもおすすめです。

DMM英会話はメールアドレスだけで手軽に無料体験レッスンを試せる | DMM英会話を3年続ける私の英会話習得術