DMM英会話の利用法と学習効果

DMM英会話の「プラスネイティブプラン」が凄い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DMM英会話の「プラスネイティブプラン」が凄い!

オンライン英会話を受講すると分かると思いますが、講師の多くがフィリピンの方です。これはDMM英会話に関わらず他のオンライン英会話も同じような状況です。

DMM英会話が他社と違う特徴としてあるのは、フィリピン以外の外国の講師、更には英語が母国語のネイティブ講師もたくさん在籍している点です。

英語といっても国や地域によって発音等の特徴が違いますので、幅広い英語を聞くことで、より生きた英語を学ぶことができます。今まで通学式の学校ではネイティブ講師に習ったこともありましたが、ネイティブに習えて、この値段はオンラインならではだと感じました。

色んな国のネイティブ講師とレッスンができるのはDMM英会話の強みとなっています。

プラスネイティブプランが凄い

DMM英会話の提供する英会話プランはフィリピン人講師によりスタンダードプランと、ネイティブ講師によるプラスネイティブプランがあります。プラスネイティブプランはDMM英会話の提供しているプランで、通常のプランと値段体系も異なりますので注意が必要です。

私の場合は基本的に毎日1レッスンを選んでいたので月額15,800円でした。そうすると1レッスンあたり510円となり、毎日続けても予算的にも負荷が少なくネイティブ講師からマンツーマンレッスンが受けられました。講師陣も英語学習の教授法を学んだ講師なので、教え方も上手で、私が理解していないと気づいた場合は丁寧に何度も説明してくれました。

プラスネイティブプランの料金表

それ以前に通学式の英会話教室に通っていた時は、週1回のグループレッスンのコースでしたが、それでも2万円以上していましたので、いかにオンライン英会話のレッスンがお得かを改めて実感しました。

しかもオンライン英会話のレッスンは自宅でレッスンを受けることができるので、自分の都合に合わせることができます。会社員の私にとって、時間の調整が気軽に出来るという点が何よりもありがたかったです。オンライン英会話が人気となっている背景には便利さと値段の安さがあるのだと実感しました。

ネイティブプランの講師はアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア等、英語を母国語としている国の講師です。最初はネイティブの会話スピードについていけるか心配していましたが、講師も英会話教育のプロなので、生徒のレベルに合わせて会話速度や、聴き取りやすい話し方をしてくれました。人気講師になると授業の盛り上げ方もとても上手で、誉めて伸ばしてくれるタイプの講師が多いので、授業を受けている方も楽しみながら英会話ができました。

今まで気づかなかったですが、アメリカ人講師とイギリス人講師では会話のイントネーションや使う語彙に違いがあり、それらを理解することができ、実際に聞き取りが出来るようになったのは、ネイティブ講師を選んでよかったと感じる時でした。TOEICのリスニングテストでもアメリカ英語、イギリス英語が意図的に混在させているので、リスニング力を高める結果にもつながりました。

ネイティブ講師は当然その国の文化やニュースにも詳しいので、実際にアメリカで生活している人の情報や、リアルなアメリカ文化の話が聞けたのは楽しかったです。ネイティブ講師と会話ができると分かると、仕事の場面でも臆することなく話がでるようになりました。特にネイティブ講師が使っていた言葉の言い回しなどを真似することで、自然な英語を使えたので、仕事先の外国人からも褒められることがあり、嬉しかったです。

ネイティブ講師の授業はフィリピン人講師よりも値段は高いですが、それに見合っただけの充実感は感じることができました。特にある程度レッスンを続けてきて、英語に慣れてきた人はネイティブの英語にたくさん触れる環境を作ってほしいです。

非ネイティブ講師とネイティブ講師の組合せでお得に

私はDMM英会話で非ネイティブ講師のスタンダードプランで最初はレッスンをはじめました。その後一時期ネイティブプランへ変更して、現在は、非ネイティブのスタンダードプランに戻しながら、プラスネイティブチケットで、非ネイティブ講師とネイティブ講師の両方からレッスンを受けています。

プラスネイティブチケットとはネイティブ講師のレッスンが受けられるチケットで、自由に購入ができるので、気軽にネイティブとのレッスンが受けられます。

私の現在のDMM英会話の利用方法は、スタンダードプランで毎日1レッスンを行い、週1回か2回、プラスネイティブチケットでネイティブ講師とレッスンをするという形です。この形にすることで、毎日の英語学習の習慣と、ネイティブ表現の両方が身に付き、使える英会話になってきた感覚があります。

特にネイティブ講師とのレッスンは会話表現や、ネイティブの語彙を学ぶことを意識しています。また、ネイティブ講師も私の英語表現に対して、ネイティブはそういう言い方をしない、正しくはこういう、というような指摘をしてくれるので助かっています。

スタンダードプランで値段を安く抑えながら、ネイティブ表現も身につけることができるDMM英会話は実践的な英会話を学びたい人にはおすすめです。ネイティブといってもアメリカ、イギリス、オーストラリア等、いろんな国の講師と話す機会が作れるDMM英会話は、全世界対応の英語が身に付くと言っても過言ではありません。

その中でも私はイギリス英語の表現を身につけたかったので、積極的にイギリス人講師を選ぶようにしていました。

ネイティブ講師のレッスンを受けて良かった点

ネイティブ講師とのレッスンは、普段の非ネイティブ講師のレッスンと違った楽しみがありました。私はアメリカやイギリスの文化にも興味があったので、講師に現地の話しを聞いたり、仕事でアメリカ人へのプレゼンをする前には、実際に講師に内容をみてもらい、言葉のチェックから、プレゼンの内容に至るまで指導してもらったりしていました。

ネイティブ講師を選んで良かったと感じる点は、色んな英語表現が学べたことです。アメリカとイギリスでは表現方法が違う単語もあり、それらを理解できたことで、使い分けができるようになりました。

私の場合、ネイティブ講師とのレッスンは会話を重点的に行いました。会話を繰り返すことで最初は理解できなかった内容も、何回も繰り返し聞くことで次第に分かるようになってきました。まずは耳を英語に慣らすことが英語学習の近道だと思っていたので、実際にネイティブの英語を聞いているだけでも大きな良い影響があると思っています。

まとめ

DMM英会話のプラスネイティブプランは真剣に英語を勉強したい人にはおすすめです。英語が全くできない人よりも、少しは基礎ができるようになった人がネイティブと会話をすることで、耳が鍛えられ、自然と自分でも言葉が出てくるようになります。

ネイティブプランの良さは通学式に比べるとその便利さにあります。ネイティブの授業が低価格で出来るDMM英会話は英語中・上級者から初心者まで幅広く対応できる教材がありますので安心してください。

DMM英会話はレベルや目的別に7000以上ある教材を無料利用できる

プランの変更は契約後でも出来ますので、まずは最初の月だけお試しで入ってみてください。ネイティブと会話をすることで英語の楽しさや、文化交流の面白さが理解できると思います。