DMM英会話の利用法と学習効果

DMM英会話で英語の発音が劇的に良くなった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DMM英会話で英語の発音が劇的に良くなった理由

英語を勉強していてときおり不安になるのが、この発音で本当に通じるのだろうか。というものです。実際に私もDMM英会話のレッスンを受けていて、講師の方には理解してもらっているという感覚がありましたが、ビジネスパートナーに使うまでは発音に不安がありました。

独学で勉強した人や、リスニング中心に勉強した人に多い課題として発音が悪いというものがありますが、DMM英会話では発音のプロによる徹底した発音指導が受けられるので、英語力が上がると同時に発音も上達していきます。

英語の発音が出来ないのは誰のせいか

私は自分で英語の発音が得意だと思ったことはありませんでしたが、DMM英会話を受講するようになってからは、他の英語学習者と比べても自分の発音が悪くないという事が分かりましたし、実際に相手からも発音を褒められることも増えました。

日本人は一般的に英語の発音が苦手で、日本人独特の英語発音のクセが強いので、聞き取りにくいという評判があります。それは、中高の学校教育の影響が大きいと思います。今では小学校から英語が必修科目となっており、英語の学習自体は日本も決して少ないことはないのですが、指導する先生に留学経験がなく、英語の発音が悪かったり、文法中心の英語教育になっていたりするからです。

英語は本来コミュニケーションツールなので、言葉の発音はとても重要なのですが、それを判定するテスト等を学校で行うことは難しく、どうしても聞き取り、書き等の能力で評価する傾向があります。

外国人と接すると文法よりも発音の重要性に気づくと思いますが、そのような機会が得られないまま独学の勉強だけを進めていると、英語能力は高いが、発音が全くだめという人も出てきます。

せっかく勉強した英語でも、発音が正しくないと相手に理解されませんし、正しい発音ができると相手からも英語が上手な人として認識されるので、発音を練習することはとても重要です。

DMM英会話のレッスンではそのあたりの問題をしっかりとカリキュラムに組み込んであるので、発音が悪い場合には何度も丁寧に指導してくれます。マンツーマンレッスンならではの丁寧な指導が受けられるDMM英会話では、発音の矯正にも力を入れているので、正しい発音の仕方を説明してくれますので、まずは自分の発音の問題点を理解して、それを直していくと良いでしょう。

DMM英会話のレッスンを受けると英語の発音が良くなる

DMM英会話のレッスンは講師とのマンツーマンレッスンなので当然会話をする時間が多くなります。会話を長く行うことで、頭で考える英語から、自然と口から英語が出るようになってきます。そのレベルになるまではある程度時間がかかりますが、自然と口から英語が出るようになると、英語をより自由に使うことができるようになるでしょう。

DMM英会話の講師はフィリピン人が多いのですが、フィリピン人の英語発音はアメリカやイギリスの人が聞いてもとても聞きやすく自然という評判が多いです。またDMM英会話の講師はみな英語の教授法を受けているので、発音についてもしっかりとどのようにすれば正しい発音ができるかを理解しています。

日本人にとって難しいとされる発音も多いですが、DMM英会話のレッスンを何度か受講することで、自然と発音の矯正がされていくでしょう。英語はやはりインプットとアウトプットのバランスが大事なので、聞いた単語をすぐに声に出してみて、その発音が正しいかどうかを判定してくれる講師がいるDMM英会話は、発音が上達するのに最適なレッスンとなっています。

そしてもう一つ、DMM英会話ならではの発音が良くなる仕組みは、プラスネイティブプランです。このプランを利用するとアメリカ、イギリス、オーストラリアなど英語母語とするあらゆる講師のレッスンを受けることができるので、発音についてもそれぞれの特徴が理解でき、自分でもマスターすることができます。

ネイティブの講師に自分の発音が通じるという体験をすることで、自信にもつながりますし、間違った発音は指摘してくれますので、会話するだけでどんどん発音がきれいになっていくのがDMM英会話の特徴です。

実際に外国人と話してみると価値観の違いや、文化の違い等を感じることは多かったですが、それは自分にとって見識を広げる意味でもとても良かったです。日本にいると日本人の考えだけになってしまいますが、他の国の人の意見を聞いたりすることで、自分の考えが深くなることが分かりました。

DMM英会話のレッスンで英語の発音を上達させる方法

私はDMM英会話で英語を学習するようになってから多くの発音が良い日本人に会ってきましたが、英語のレベルと発音のレベルが比例していないような人も結構いて、そういう人は、会話になったとき相手にストレスをあたえてしまうこともあるので、発音は最初のうちに徹底しておいた方が良いと思います。

多くの発音が上手な日本人から話を聞いて分かったことは、発音が上手になるにはあるポイントがあるということです。それは、上手な人の発音を徹底的に真似ることです。発音が上手な人は、講師やネイティブの発音を徹底的に繰り返し真似ているという事が分かりました。普通は大体こんな感じでいいか、とか、意味が通じればいいや、と思って発音にそこまで意識が向いていない人も多いのですが、発音が上手な人は、自分の発音を耳でよく聞いて、講師の発音との違いが無いかを確認しています。

そして発音というものをしっかりと構造で理解しようとしている人が上達します。発音は母音と子音の組合せですが、その音一つ一つが正しく発声できているかというのが大事です。発音が上手な人はまずその発音の構造を理解して、一つ一つしっかりと正しい発声を練習している人です。この段階をおろそかにしてしまうと、その後いつまで経っても自分の発音が間違っているということが理解できず、発音が上達しにくくなります。

DMM英会話でレッスンをはじめたら、最初の頃に発音練習をしっかりやっておく事を強くオススメします。発音は一度マスターすれば忘れることはありませんし、その後は頭で考えなくても自然と正しい発音が出せるようになるからです。発音を知らないまま英語学習を進めると、あとで後悔することになると思います。ある程度のレベル以上になりたい、と思う時必ずクリアしないといけない部分なので、まずは発音を徹底的にマスターする。という気持ちでレッスンを受けると良いでしょう。

まとめ

英語学習において、発音はとても重要です。しかし日本人の中には発音の重要性を理解していない人が多いと思います。学生時代に英語を勉強しても発音をしっかり勉強したという人は少なく、テスト用の英語では発音が鍛えられることは中々難しいのが現状です。

私も学生時代はそこまで発音に意識したことはありませんでしたが、実際に外国人と接してみて、発音が正しいか正しくないかで、英語の伝わる確率が全く違うので、DMM英会話でレッスンをするときも発音を意識してレッスンを受けて欲しいです。

DMM英会話の講師は皆発音が良く、自分の発音が間違っているときはすぐに修正してくれるので、とてもありがたいです。またDMM英会話にはネイティブの講師とのレッスンを受けるプランもあるので、更に発音をブラッシュアップすることが可能となります。